木曽駒ヶ岳


この時期の平日ならバスとロープウェイの順番待ちも酷いものではなかろうと思い念願の千畳敷カールと木曽駒ヶ岳へ行ってきました。朝ご飯を食べて高度順応も済ませてゆるゆると出発です。のんびりと景色と花を楽しみながら八丁坂分岐。登るごとに広がる絶景に見とれつつ知らぬ間に乗越浄土。この先はガスの中で中岳までは景色も見えず単調な登り。駒ヶ岳ももちろん360度ガスの中で展望なしです。晴れ間が見える気配もないのでさっさと下山します。八丁坂分岐から剣ヶ池へはお花畑の中。この時期でこれだけ奇麗なら盛期の千畳敷カールはどれだけ見事なんだろうか。混み合うのを覚悟でいい時期にまた来てみたいものです。駅のレストランでソースカツ丼を食べていると雲の切れ間から伊那盆地が垣間見れるようになり、麓も見えたしこれで満足して帰ります。と、最後にビッグなプレゼント。並んだロープウェイが直前で定員締切。お陰で次のロープウェイに一番乗りして最前列を確保できました。すぐにガスが晴れて大展望が目の前に広がり、絶景を見ての7分間のフィナーレです。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする