166からハンシ山


高見峠への林道に入る手前の国道沿いの広い空地から林道に入って、すぐに右手の狭い林道を登って行きますが、かなりの急坂です。少し楽になった頃に振り返ると高見山が見え、崩落箇所を過ぎて平坦になったところの右手に赤いテープがあるのが目印で、そこから植林帯に入っていきます。周りは同じ景色で下りは目印らしいものもなく少し不安です。台高北部縦走路に出て冷凍しておいた干し柿を食べて小休止して少し進むと展望が開けて新緑とヤマザクラが綺麗で、馬駆ヶ辻から木梶山への稜線らしきものも見えます。伊勢辻山まで行くつもりでしたがハンシ山に着いたのがちょうど12時。伊勢辻山まではまだ40分はかかるでしょう。今日はランチに時間がかかる食材なのでここで引き返します。高見山から三峰山まで見渡せるところでポカポカ陽気の中ランチを楽しみ、先ほどの分岐点まで戻って下って行きます。やはりというか、道に迷ったようです。GPSを片手に軌道修正しながらやっと来た道に復帰できました。GPSさまさまですが、頼り過ぎていると酷い目に遭うかもしれません。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする