桜と菜の花の藤原宮跡春ゾーン


お天気がいいので大和路散策でもと、約1時間で藤原宮跡駐車場。ここからは耳成山、天香久山、金剛葛城を背景に畝傍山とこれから巡る予定の大和三山がすべて見渡せます。行き先が目視できるのでいちいち地図を確認しなくても、また少しくらいの道迷いは「それもまた楽し」のお気楽ハイキングコースです。まずは藤原宮跡を突っ切って、タンポポと満開の桜を愛でながら天香久山へ。山頂は一角が切り開かれて畝傍山が望める程度で、長居すること無く畝傍山へと向かいます。舗装路歩きがほとんどですが途中、飛鳥川を越える土手沿いと本薬師寺跡の桜が奇麗です。畝傍御陵前駅は地下連絡道で近鉄橿原線を越え橿原神宮内へと入り畝傍山登山口から、たらたらと長い坂を上って畝傍山。山頂直下に分岐があって別ルートで下ると、山道らしい雰囲気の中を若桜友苑という桜の奇麗な広場に着地。ここから直接耳成山に向かう予定でしたが、折角だからと橿原神宮に参拝。と、奇麗な水辺の公園が目に入ります。桜、池、鴨、鯉、亀。。。広々と気持ちにく、思わぬ時間を過ごして、何か買物しようと橿原神宮駅へ。ずいぶんと耳成山からは遠ざかってしまいましたが気を取り直して、藤原宮跡まで戻って菜の花ゾーンでコーヒータイムにしよう。と、そこは想像以上の春爛漫のスポットです。桜と菜の花、正面に見えるのは耳成山。耳成山は、もう、いいか! で、のんびり、まったりと時間を過ごして、大和三山よりも深田池と藤原宮跡春ゾーンに大満足の一日でした。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする