金剛山・霧氷


昨日、金剛山は雪に覆われて真っ白に見えます。これは行かない訳には参りません。仕事は・・・週末に頑張りましょう。今日は家内が車を使うので時間を調節してもらって鳩原まで送迎してもらいます。これで往復1時間半のショートカット。鳩原ではマイナス1度です。いつものように千早登山口の川原で一服していつものように吊るし柿を食べようとしたら、うっかりと忘れてしまいました。気を取り直してカトラ入口へと向かい、入口からすぐのワサビ谷左岸尾根に取り付きます。雪に足を滑らせれば谷底まで転げ落ちそうな急坂です。恥も外聞も無い四輪駆動で急坂の植林帯を抜けると自然林。徐々に霧氷も付きだして青空も垣間見えます。青崩道に出てまずは大日岳に向かいます。国見城址で少し早いお昼ご飯第一弾。手っ取り早く握ったおかかたっぷりのおにぎり1個とどら焼き1個です。今日は風もなく穏やかで着替えをするのを面倒がったら、休憩していると汗で身体が冷えてきました。長居はせずに文殊尾根の霧氷を見て遊歩道を千早園地、展望台に向かいます。展望台からは期待したほどの白い世界は見られませんでした。ちょっと残念。再度国見城址へ戻ってお昼ご飯第二弾。おかかたっぷりのおにぎり1個。心無しか霧氷も少し落ちたか溶けたように思えます。下りは千早本道。登山口で小休止してあとは鳩原まで一直線です。鳩原のいつもお世話になる無料休憩所で残りのコーヒーを飲んでいると家内のお迎えが到着しました。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする